重さんとブラウニーさんの世界旅。。。

重いブラウニーさん4人連れ、旅してます。。。
2017/06≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国境越えとデモ・・・。

あぁ・・・マジで大変でした。

・・・・

まず”クエンカ”を10時出発

エクアドル側の国境町ウアキージャスに16時頃着

この国境越え今までとチョット変わってた

ボーダーに出入国管理事務所が有る分けではなく

ウアキージャスの町はずれに有る。

まずココで出国手続きをしてから

ボーダーに向かう、いちいちタクシー移動・・・

面倒・・・

しかしこの国境・・・・

本当に国境かい??

ハッキリ言って・・・商店街・・・

それもかなり賑やか・・・

何故か警官が僕のリュックを持ってくれ

商店街プラス露店が出てる

道を進む・・・

途中の交番らしき所で色々説明され、エクスチェンジも済ます

ここでペルー側までタクシーだから・・と言われ

タクシーの運ちゃんと警官が交代・・・

運ちゃんと商店街を進む。。。

また途中の交番(らしき所)で呼ばれ行くと

パスポートをパラパラ見られ・・・「マニー・・・」・・・

え?・・・「マニー・・・」っと言って指(中指と親指を)こする

意味分からん!・・

当然ヤラン!!(こういう事は良く有ります)

無視して出て行く、でも出る時はニッコリ笑って手を振る。。。

タクシーに乗り込み2kmペルー側の管理局へ

こちらも普通の道沿いに有った

普通に民家なども有る・・・

ここ本当に国境ですか??

ここでもすぐニイチャンがやってきて

入国カードを書いてくれスンナリ入国

ニイチャンには仕方ないので、1ペソ(30円)あげました。。

・・・なんかえらいラフな国境越えでした・・・

荷物も見られなかったし・・・。

だいたい何処から何処までがエクアドル・ペルーなのか

さっぱり分からん・・・。

とりあえず無事国境は越えました・・・・

しかし・・・

これからでした・・・

災難は・・・

ペルー側国境町トゥンベス到着

この町に用は無いのでスグ”チクライヨ”まで行くと

運ちゃんに言うとバスオフィスの所に向かってくれた

しかし・・様子がオカシイ・・・

何処のオフィスも運休・・・

とりあえず隣町まで運ちゃんが行ってくれる・・・

その道を進んでいると・・・

あれ?

人だかりが・・・

そして

道を、木や鉄柱で作ったバリケードが塞いでいる。。。

なんかギャーギャー言ってる・・・

あれ?なんか・・・ヤバイ・・・?

運ちゃんは何故かテンションが上がり・・・

俺に任せとけ!・・・の様な感じになり

少し道を戻り、田んぼ道(本当に稲穂がイッパイ)

を突き進む・・・

カバンを見えない所にシマエ・・・と言われ

車もロックする・・・大丈夫・・・・?

しかしこの抜け道もチャッカリ農民の方々が塞ぎ

お金を少しだが取られる。。。

そして1個目のバリケードは無事通過。

しかし次の町のバスオフィスも運休・・・

この町を越え進むと・・・またバリケードが・・・

運ちゃんはココまで・・・

帰りに料金の事で揉めたが・・・まあアリガトウ。。。

ここからは徒歩で進む・・・

バリケードは本当に簡単なモノなのでヒョイとマタグ

ただ車などを通さない様にしているらしい。

↑こんな感じ・・・

あまりカメラを出したくなかったので

こそっと撮った写真です・・・この場所はオトナシイ所

旅人や通行人はみんな歩いて進む。。。

大体、ここからは小さな集落が点在しており

この集落内に、入れない様にしている様だった

バリケードの前には実行犯達が大の字になって寝そべっている

僕が通ると・・・

「チーノ!チーーノ!!」っと大騒ぎ・・・

ウルサイ・・・でも少し手を上げたりすると

みんなニッコリ笑い嬉しそう・・・

皆、基本的はイイ人達

・・・でも・・・ハッキリ言って迷惑・・・。。

うぅん・・でも・・・何か訴えたい事が有るのだろう。。。

しかし・・・果てしなく続く・・・

結構大きなデモらしい・・・

道にはデカイ岩や石が散乱し

電柱や砂利、岩、木などの様々なバリケード。。。

5、6ぐらいの集落を越えたと思う・・・

集落と集落の間は

乗り合いタクシーや
モトタクシー(バイクの後に荷台が付いている)

で移動する

この集落沿いは、美しいビーチが続く・・・

本当に綺麗なビーチだ・・・

何も無かったら本当に何泊かしたい所だ・・・。

しかし結構歩いた・・・

どんどん日は暮れ

真っ暗に・・・

でもまだまだ続く・・・

途中でエクアドル人の旅人と一緒に行動する様になり

(っと言うか皆進む方向は一緒なので

10人ぐらいでぞろぞろ進んでいた。

ただこのエクアドル人は英語が話せた)

お世話になった。ソル(ペルー通貨)が無くなったら

両替してくれたり、色々話掛けてくれた。

彼もチクライヨまで行く予定だったらしい。


日も暮れ真っ暗の中

トラックタイプの乗用車の荷台に

8人、荷物と一緒にギュウギュウになり

おじいちゃん、おばあちゃん

若者達皆

乗り込む。

冷たい風をビュービュー浴びながら

暗闇を突き進む・・・

ただ・・・

皮肉な事に

星が・・・

メチャクチャ綺麗に満天輝いている・・・

車はかなり飛ばし

皆、タバコになかなか火が付かない

火が付いたタバコがオレンジ色にチラチラ光り

火の粉がヒューー!と後方に飛んでいく。。


途中の小さな町で食事を済ませ

”ピウラ”と言う町行きの

コレクチィーボ(乗り合いのワゴン車)

に乗り込む・・・

2時間ぐらい乗り

ピウラに着いたのが日付が変わり1時頃・・・

チクライヨ行きのバスオフィスに着いたが

4時半発しか無いみたい・・・

しかし、かなりの人数の”チクライヨ難民”が・・・・

バスオフィスの人も見かねて、待合所を開放してくれた

そして2時頃、臨時便を出してくれた・・・

アリガトウ・・・。

そして・・・そして・・・

やっと

6時頃チクライヨ到着!

あぁ・・・

大変だった・・・

しかし

あのまま国境町トゥンベスに居たら

かなりの日数待つか、またエクアドルに戻り

飛行機でペルー入りするしか無かっただろう。。。

・・・・・

そしてチクライヨで一泊すれば良いものを・・・

何故か僕はフラフラの体のまま

少し内陸の”カハマルカ”行きのバスオフィスに・・・

10時45分発しか無かったので

時間を潰し・・・バスに・・・

ここからまた6時間のバス移動・・・

サボテンの生える山脈を越える。

休憩所でおばちゃんにマンゴーをモラッタ。。。

っという事で・・・現在

カハマルカと言う町に居ます・・・

色々有って・・・・疲れている・・・ので・・・

今日は観光も少しにして

ゆっくりこの町に滞在するつもりです。

南米第一回国境越えでした。。。。
スポンサーサイト

クエンカにて。

kuenka 0011.jpg


kuenka 0031.jpg

標高が高いせいか空が透き通っている様な・・・

朝と夜はグッと寒くなる

しかし太陽が頭の上にくる時には

日ざしが強く暖かくなってくる

リオバンバから6時間、クエンカにやってきた。

kuenka 0081.jpg

町は石畳で良く整備され

綺麗で清潔な町並み、教会が沢山・・・

今までのエクアドルの町とは一味違う

イイ感じ。。。

kuenka 0061.jpg

町には市場が何件か有り

大体2階に食堂が・・・

小さいお店が幾つも並んでいて

好きな所で買ってきて食べる

おばちゃんが切っているのは

豚の丸揚げ・・・

エクアドルでは大体この料理は有る・・・

でも・・・なんとなくまだトライして無し・・・

kuenka 0041.jpg

今日はコレ↑、コレ・・・なかなか美味い!

パクチーが入っているのが・・・たまに傷ですが・・

この麺が美味い、

少しゆで過ぎた、きし麺みたい

隣の小皿の白い・・・豆?なのか、よく分からないモノ

を入れ食べる・・・かなりお腹ふくれたが

現地の人達はこのスープ、プラス主食の

米、肉、サラダを食べる・・・

kuenka 0051.jpg

本当にエクアドルの人達・・・大食いの様な・・・感じ。。。

今までも中華など食べてたけど

かなりボリュームが有る

女の人達も大盛りチャーハンなど

ペロリと食べてしまう・・・マジでビックリする。。。

ん~まあ皆、コロコロした体系の様な気もする・・・

でも背は小さくオシャレ、可愛らしい。。。

kuenka 0111.jpg

午後は中央銀行博物館へ・・・
(↑の写真は博物館裏のインカ時代の遺跡)

本当は最初に現代美術館に向かったんだけど・・・

停電・・・エクアドル・・・電気はかなり不足してるみたい。。

中央銀行博物館はカロウジテ開いていた。。

しかし写真はダメとの事

展示物はスペイン植民地時代の

宗教画や像。。

2階は民族学博物館の様になっていて

エクアドル各地の民族の生活が

模型や人形で再現して有った。

幾つもの民族の個性的な生活が有り興味深い・・・

その中でも・・・

”首狩り族”の作った

人間の頭の”干し首”・・・

手の平サイズに縮んだ頭・・・

kuenka 0401.jpg

パンフレットの写真ですが・・右下が・・それです。。

本当に手の平サイズです。。

干し首の作り方も載っていたけど

中身を取り出し、草っぽいモノを詰めていた・・・


・・・世界は広い・・・・。。。ですね。。。

博物館裏は遺跡と植物園みたいになっていた。

いい天気で気持ち良い

kuenka 0121.jpg


kuenka 0211.jpg

やっぱりサボテン。

kuenka 0231.jpg

鳥達もイッパイ

そして・・・

kuenka 0261.jpg

おぉ!ヤツは!!

kuenka 0331.jpg

リャマではないですか!

スゲー・・・初めて見た・・・

なんて可愛い動物だ・・・

フワフワしてる・・・

ラクダ科らしい

確かにまつ毛が長く

トボケタ顔してる。。。

触りたいけどエライ臆病・・・

kuenka 0361.jpg

現地人にも大人気

太陽に照らされ

白いフワフワの毛並みが

良く際立つ。。。

今日はいい天気で良かった。

kuenka 0381.jpg


町の広場で豆を売る女の人(年齢・・分からん)



この町の次は



ペルーまで駆け抜けます。。。

山脈地帯「リオバンバ」

海側のグアヤキルから5時間

山脈に囲まれたリオバンバまでやって来ました。。

こちらの町の人々は

民族衣装というのか?

可愛らしい服を当然のように着ている人々が沢山・・・

(銀行に並ぶリオバンバ市民)

女の人達も

明るい色のポンチョと帽子をセットで合わせていて

可愛らしい。。。

残念ながら若い子達は、たいてい洋服を着ている・・・

町はのどかで過ごしやすい

でも少し寒いかも・・・

ホットシャワーが出る宿でないと厳しい。。。

町の周りは5000~6000m級の山脈に

囲まれている。あいにく雲り。。


宿の前は中学校、日本と同じく制服。

みんなアイスを買ったり、アイドルのポスターを

買っていた。。どこでも同じだね・・・


町の真ん中では

ビーチ・バレ-?を楽しんでいる

それにしても観客が多い・・・結構盛り上がっていた。

2日目はお祭りらしく

朝からパレード・・・騒がしい

なぜかフォルクスワーゲンの大群が・・・

町には露店が立ち並び

ワイワイ・ガヤガヤ!



早くもガラパゴス諸島最終日。。

惜しくも最終日・・・・。。。

さてさて

サンタ・クルス島に滞在しているのですが

この島に「セント・プリシア」という保護区が有るとの事なので

そこに行く事に・・・

そしてどうやって行こうか道でキョロキョロしていると

現地のおじさんに声をかけられ

スペイン人の人達(観光客)と一緒に行けば

20ドルでガイドするよ・・との事

そして午後に海のツアー(別25ドル)で行ってくれるとの事。。

おぉ・・・これは安いぞ・・・

早速頼んだ・・・これは充実した1日になりそう。。。

スペイン人のおじさん達、今日1日お世話になりました。。

それにしても・・居る居る巨大陸ガメ!!

で・・・でかいゾ・・・・おまえ・・・分かってる・・・?

近づくと・・

「ブシッ・・ブシュッ!・・・・」

とか鳴いて威嚇し・・甲羅に入っていく・・・

まるでモンスター・・・。。。

ここにはかなりの数の陸ガメが保護されている

以外と活発に動いている・・・

ノッソノッソと歩く

草をモシャモシャ食べる・・・

時々・・・ブシッ!!・・と鳴く・・・

・・・・恐竜・・・ですか?

完全に規格外・・・。

大人でもスッポリ入ってしまう甲羅・・・

しかしこんな重いもの担いで歩いているのだからスゴイ・・・

スペイン人が最初にこの島に来た時には

うじゃうじゃこの”陸ガメ”が居たとの事なので

さぞかしビックリした事だろう・・・

さーて沢山の巨大カメを観察した後

でかい洞窟へ

急にポッカリ穴が開いており

中に入ると巨大な洞窟が・・・

かなり深かった・・・ヒンヤリ寒いし・・・

上から水滴がポタポタ・・・

こんな洞窟が島に有るとは・・・

・・・・・・。

少しドライブし

火山口へ・・・多分・・・

説明がスペイン語で分からん・・・

英語でも分からんが・・・

クネクネした木々を抜けると・・・

ドーーーン!と巨大な円形の崖が・・・

凄まじい自然美・・・スケールが違う・・・

太古の自然が残っている。

本当に恐竜が居てもおかしくない・・・

圧倒されっぱなし・・・。。。

そして少し休憩し

海へ!!

エメラルドグリーンの海!波は高い!

ザッブーン!ザブーーン!っと船は進む!

おぉ!海イグアナが泳いでる!!

本当に泳ぐんだ・・・。。。

崖には”アシカ”が・・・

気持ち良さそうにスヤスヤ・・・。。。

こっちのは巨大だった・・・

目をひん剥いて睨んでくる・・・


さて崖の隙間から陸地に上陸!

サボテンが生い茂る・・・

崖の隙間から水面を覗くと・・・

サメが・・・・

しばらくサメやエイを眺めていると・・・

すごい勢いで”アシカ”が乱入!!

サメやエイ、小魚達をかき回す!!

我が者顔!・・・サメさんもっと頑張ってくれ・・・

イメージが・・・・。。。

陸地を横切り反対側の岸へ

溶岩で出来た岩がゴロゴロしている

気持ちいい潮風が

通り過ぎて行く・・・。

波は荒々しく岩に打ち付ける!

そしてパッと見、気が付かないけど

よく岩を見ると・・・

海イグアナが沢山体を休めている

色が同化している。

こんなに近づいてもあまり逃げようとしない・・・

基本的にガラパゴスの動物達はあまり逃げない

人間達が注意をはらい大切に保護している証明だろう。

イグアナ達の群れを横切る・・・


小さな岩山を登ると・・・

真っ青な足を持つ

アオアシカツオドリ!

目がクリッっとしており、なんともヒョウキンな顔。。

しばらく見とれていると

バサッ!と3羽飛び立った!!

翼を広げると

思っていたより巨大!

1mぐらい有るんじゃないかな。。

フーーーー!っと海の方へ飛び

少し上昇したかと思った瞬間!

3羽綺麗に並び

海へ直滑降!!

ストーーーン!っと海へ潜っていった・・・

ス・・・スゲーーー!

思わずスペイン人の方々と

「ワッーーーー!!」っと叫んでしまった!!

それに加え、ガイドが海を指差す・・・

目をこらして良く見ると・・・

おぉ!!ウミガメが泳いでいる!!

かなり大きそう・・・

カメラでは抑え切れなかったけど

3匹、水面ギリギリを波に揺られ

泳いでいた・・・・。。。


なんて・・・なんて大自然なんだ・・・

こんな短時間で、こんな野生の生き物達の生活を

間近で見れるとは・・・・

凄すぎる。。。

あぁ・・・あっと言う間の時間だったけど

満喫した・・・・。

町に戻り

ボ~~っとした頭で歩いていると・・・

小さな漁港が・・・

!!!!!

オットセイ!!!

初めてだ・・・オットセイが居る漁港・・・

ブラウニーさん横目でご対面・・・緊張している・・・。

他にもペリカンや見た事無い鳥が沢山

ネダリに来ている。。。

漁師さん大人気!

見ていた限り、こいつが一番

魚に有り付いていた。。。



あぁ・・・見たな~~~

沢山見た!

大自然!!

もっと居たかったが・・・

仕方なし!!

ガラパゴス諸島!

ありがとう!!

[高画質で再生]

kame1

[広告] VPS
[高画質で再生]

kame2

[広告] VPS

念願のガラパゴス諸島!


来た・・・ついに来た・・・

ガラパゴス諸島!!

飛行機のタイヤがガラパゴスに付き

キュキュ!!っと鳴ったとき

さすがに目頭が熱くなった。。。

2日間の短い滞在だけど

楽しまなければ・・・

町はほどよい大きさで

居心地良し!



うぅ・・なんて可愛らしい町なんだ・・・

物価が高くなければ・・・

あれ?・・・

グアヤキルの旅行代理店(日本人経営)

の言っていた事と様子が違う・・・

「ガラパゴスはメチャクチャ物価高いからね!!」

と言われていた・・・

まず宿・・

確かに「地球の歩き方」に載っている安宿は

・・・3倍に値上がりしている
(20ドルの部屋が60ドルになっている)

↑の宿を一応予約していたんだが・・・

適当に入った宿が・・・なんと15ドル!!

最初は20ドルと言われたが

おばちゃんが急に入ってきて

「15ドルでいいよ!!」

っと言ってきた。。(すごく親切なおばちゃん)

それに飯・・・

チキン&ライス(バナナフライ付)

2ドル・・・・。

メチャクチャ安い!

あぁぁぁ!話が違う!!

これならもっとゆっくりしたかった!!

・・・チケット変更出来ないし・・・。。。

うぅ・・・仕方なし・・・

でもジャパンツアーの方はメチャ親切でした。。。

ただバックパッカーの様な客は来ないのでしょう。。。

海はエメラルドグリーン。。。

さあ気を取り直して。。。

チャールズ・ダーウィン研究所へ

ここでは世界中のエキスパートが集まり

動植物の保護観察がおこなわれている。。

その中でも陸ガメが盛んに研究されている。。

小亀から(今年産れ)・・・

中ガメ・・・これでもかなりデカイ。。

そして・・・

チョウ巨大・・・

まるで恐竜・・・

ほぼ僕と同じぐらいの巨大さ・・・

この写真の方が巨大さが分かるかな?

こいつが

のっそ、のっそっと歩くからスゴイ迫力だ・・・
[高画質で再生]

kame

[広告] VPS

キョ・・恐竜だ・・・・。。。

他にも”陸イグアナ”が飼育されていた

グアヤキルのイグアナとは色が全然違う。。。

こいつは主にサボテンの実を食べるらしい・・・

しかし陸ガメ・・・凄かったな・・・

あんなそばまで近寄れるとは思わなかった・・・

恐竜。。。だ。。。

そして町から3Kmはなれた

タートル・ベイっというビーチへ・・・

この様な道が2Kmぐらい続く・・・

周りはサボテン林

サボテンってなんか面白いよね・・・


永遠と続く道を抜けると・・・

ズガーーーンっと見事なビーーチ!!

ウァ・・・・・・・・スゲー・・・・・。。。

これがガラパゴスのビーチ・・・

そして近くの岩をよく見ると・・・

おぉ・・・野生の海イグアナだ・・・

こいつらは海底の海草を食べているらしい・・・

本当に・・・居た・・・。。。

いっぱい・・・居る・・・

みんな疲れているのか

動きがゆっくり・・・

真っ白な細かい砂に残る

イグアナの足跡・・・・

あぁ・・・・

今まで色々なビーチを訪れたけど・・・

フランス・サンマロビーチ・・・

エジプト・ダハブ・・・

モロッコ・ティテニールビーチ・・・

どれも個性が有り素晴らしいビーチだったけど・・・

ココは・・・あの・・・


・・・・・・


ガラパゴス諸島だ・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。