重さんとブラウニーさんの世界旅。。。

重いブラウニーさん4人連れ、旅してます。。。
2017/01≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  ≫ 2017/03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もうどん食ったけどキューバ。

kyuubaa 244

kyuubaa 243

kyuubaa 240

革命広場。
kyuubaa 246

kyuubaa 230

キューバ、本当に楽しませてくれた。

アリガトウ!

キューバ最終日・・・

気がついたらこれしか写真撮って無かった・・・。


ホント何も考えずブラブラする国です。


って言うか、最近かなりマッタリするようになった・・・


あれだ・・・グアテマラからだな・・・

パナハッチェルの湖あたりからだ・・・

あそこらへんから気が抜けてきたな・・
kyuubaa 256

帰りのクバーナ航空・・・もうこれ事故でしょ・・・。


キューバから帰ってきて次の日チェチェンイッツァ行ったんだけど

・・・・完全にやる気なし、旅行計画当時はあんなに

楽しみにしてたのに・・・。

遺跡ってその時の状況で感じ方違うんですよね

この時もうキューバで大満足していたうえに

ノンビリペースが身に染みてたもんで。。。
merida 013

けど、凄かったですよ

綺麗な遺跡だった!それは間違いなし!

あの暑ささえ無ければな・・・。
merida 003

merida 012

merida 022

彫りなどはやはり凄かったな

今写真見てるとホントにそう思うな~。。

スミマセン、こんなサラッとしてて

メキシコのメインなんですが・・・

しかし!

このダラダラの僕でしたが・・・

次の日・・・テンション上がったんです!

カンクンからメリダという町に移動したんですが

そこの宿で知り合った旅人が

「近くに洞窟に湧き出る泉で泳げるらしいよ!」

っと言う情報が。。。

では行ってみるか!っと言う事になりました

それが泉に行く道のりも楽しかった
merida 029

3輪自転車タクシーに乗ったり

↓見てください!
merida 034

トロッコ馬車です!

もう遊園地みたい!ガタンゴトン、ヒヒーーン!

ってな感じ。楽しいです。
merida 035

線路が1つしかないので、向こうから

列車が来るといちいち線路からトロッコを外す。

大変な力仕事です。

そしてそして
merida 039

↑こんな小さな穴に入っていくと・・・
merida 042

泉が!!これが本物の泉!

地下から水が湧き出ているらしい・・・

暑い中ヒンヤリした洞窟の泉に飛び込む!!

爽快!冷たいけど気持ちいい!!

正直チェチェンイッツァより数倍テンション上がった!

水はかなり透き通っており

魚も少ないが泳いでいる・・・。

天井からツララみたいな物が下がっていたり

太い木の根っこが下がっている

マジでどっかの惑星か・・・。
merida 038

泉は全部で3箇所有り、トロッコ馬車で移動する

「次はどんな洞窟だろうね~」っと言い合いながら

トロッコに揺られる。

ここはホントオススメです!

メリダに行ったら泉に向かいましょう!


その後、夜行バスに乗りメキシコシティへ

着いたその日、その足で・・・

行きましたよ・・・

また行くぜ!って言ったでしょ・・・。
merida 047

写真の構図悪いですが・・・

ルチャですよ!ルチャリブレ!

時間無かったんで30分遅れましたが

十分楽しめた、ミスティコも完全復活してた

カッコ良かった。。。


そんな事で中米の旅終了です!

約一ヶ月半でしたね、満足です!

予想外にグアテマラ、キューバ良かったな。

そのおかげでメキシコが中途半端になった気がする。。。


次回もし来たら、メキシコをジックリ回りたいですね。

そんな感じです。


次回はニューヨークでお願いします。
merida 045
スポンサーサイト

キューバはサンタクララはゲバラさん。

ニューヨークは色んな意味でデカイ。

そして歩く。

バスが良く分からん。

地下鉄はらくちん。

日本食イッパイ。

↑昨日食べたうどん!!

マジでウマカッタ!!

何ヶ月ぶりに食べたのか!あの本格的なうどん!
(多分9ヶ月前のロンドンで自炊したうどんが最後・・・)

自分がうどん好きなのを忘れかけていた・・・。

あのカツオダシ・・・・今思い出してもヨダレガ出る・・・。

白くモチモチつるつるの麺がダシを絡めて・・・うぅ・・・。

今日も食おうかな。。。



俺はうどん好きだ・・・。間違いない。

日本に帰ったら死ぬほど食おう。

え~そんな事ついつい書いてますが

キューバですね。


食つながりで、食を書こうか。
kyuubaa 056

地元民はこんなパスタを良く食べるみたい
kyuubaa 055

↑こんな感じで窓口から注文する

値段は20ペソ100円以下ですね。

・・・そう言えば

キューバには2種類のお金が有ります
kyuubaa 201

↑観光客が使うクック(1クックが100円ぐらい)

あと地元民が使う人民ペソ(1クックが25人民ペソ)

人民ペソ・・・写真またアップします、多分。

人民ペソにはゲバラさんがドーンっと載ってます。
kyuubaa 101

僕らが食事を頼むと↑みたいな感じ

海老とパイナップルの炒め物みたいなやつ

5クック。

みんな結構「キューバ飯好きだ!」

って言う人多いけど・・・僕は・・・少し微妙だった。

不味くは無いんだけどね。まあまあ。


さてさて。

トリニダーの次に向かった町は

サンタクララっと言う町へ

サンタクララ・・・ついにキマシタ・・・。

サンタクララには、あのチェ・ゲバラがネムッテイルんです。

革命戦士と共に。


ボリビア、イゲラ村から始まり(最期の地)

アルゼンチン、コルドバ。(幼少期の家)

アルゼンチン、ロサリオ。(出生の地)

そしてキューバはサンタクララ(霊碑)


もうメッキリファンです。認めます。
kyuubaa 110

バスのチケット売り場、カストロさん、だいぶ歳ですね。

カストロさんも話を聞いてると、かなり男!です。

カッコいい。最初の革命活動の時、政府軍に捕まり

言った言葉が・・・

「歴史は私を許すだろう!」・・・だったかな・・・。


とにかくカッコいい人です。
kyuubaa 109

待合室にはシッカリ、チェ・ゲバラが。

バスはこんな感じ。
kyuubaa 111

サンタクララまで8クック。

地元民はほとんど乗らない為、空いてる。

そして無事サンタクララへ
kyuubaa 129

三輪自転車タクシー
kyuubaa 165

乗り合い馬車も。

馬車・・・現役です。

そういえば山羊車も・・・↓
kyuubaa 193

トリニダーより少し都会。
kyuubaa 141

↑こういう店はだいたい人民ペソでメチャ安い。
kyuubaa 140

射的。
kyuubaa 144

ここもいい感じのノンビリ町。

まず向かったのは
kyuubaa 160

ゲバラが政府軍の列車を襲った時の列車がそのまま記念碑に

列車には武器が満載だった。
kyuubaa 153

kyuubaa 157

そこから数分歩くと・・・
kyuubaa 172

ゲバラ像、カッコイイです。
kyuubaa 171

結構、凝っている作品で
kyuubaa 174

所々に人々がくつろいでる。

彼(革命戦士達)のおかげで、平穏な生活が取り戻されたんですね。

良い作品です。。。
kyuubaa 182

↑近くに、こんなのも居る。

そして町の反対側へ移動

サンタクララメインへ・・・
kyuubaa 158

kyuubaa 187

ココにチェ・ゲバラが眠っている

革命戦士と共に

写真はダメ。

まずは博物館へ

ここの展示は凄かった

チェが使っていた医療器具(チェは医者だった)

チェが使っていた吸引機(ぜんそく持ちだったんですね)

チェが使っていたマテ茶用のコップ(アルゼンチン人らしい・・・)

身近な物が沢山展示してあった。

博物館隣には・・・念願の霊碑が。

暗い部屋に入ると

革命戦士達の顔が・・・

レンガ調の壁に戦士達の顔を模ったブロンズが並ぶ

その中央にはチェ・ゲバラの顔が



ここに眠っているのか・・・


手を合わせてきました。

彼らの活動のおかげで現在のキューバが有るんですね


世界の英雄。

ホント英雄伝説みたいな話だ・・・

特にチェ・ゲバラは

外国人で有りながら

裕福な生活を捨てて(家は裕福だった)

そして医者という地位も捨て

ぜんそくを持ちながら、厳しいゲリラ活動に参加

アメリカという大国からキューバ開放へ全力をかけた。


そしてなんと革命が成功へ・・・スゴイナ・・・。

カストロと共にキューバを再構築していく

そしてキューバが落ち着き始めた時

チェ・ゲバラは、最高の権力を捨てて


強い権威から開放するべき国の為にキューバを去る

そこはボリビア。


結局ボリビアで捕まり処刑されてしまうが

チェ・ゲバラは最後まで人の為に一生を懸けた。


・・・・改めて考えても凄くないですか。。。

物語みたいです。

そんな人物のお墓に行って来ました。サンタクララです。



サンタクララからハバナへは列車で帰った
kyuubaa 203

↑駅。

バスの方が早くて正確なんですが・・・

列車の方が旅っぽいでしょ・・・。旅っぽいんです。
kyuubaa 206

kyuubaa 208

発車間近になるとホームは大混雑・・・おぉ~いいね~。
kyuubaa 209

kyuubaa 213

ガタゴト、ガタゴトハバナへ帰りました。

そんな事です。
kyuubaa 183




っと忘れるとこだった!

買いましたよゲバラT!
kyuubaa 257

とうとうコンプリート!

左からアルゼンチンはコルドバ、幼少期に育った家

ゲバラミュージアムにて。

中央、ボリビアはイゲラ村、ゲバラ最後の地にて。

右、今回のキューバはサンタクララ、ゲバラが眠る町にて。


・・・そして満足。

今ニューヨーク到着。でもキューバ。

現在メキシコの空港で飛行機待ち・・・

朝6時55分発の飛行機・・・

現在の時刻22時・・・

約9時間の待ち時間ですね・・・

先は長い・・・ネットは飛んで無いので

更新はマイアミ(乗り継ぎ)の空港かニューヨークの宿ですね。。。

そんな状況ですが、キューバはトリニダーの記事を・・・。

キューバ2日目、バスで・・・何時間だったかな~・・・多分3時間ぐらい
kyuubaa 085

↑キューバはヒッチハイクが主要な交通手段らしい。

そんなこんなで観光都市トリニダーにやって来た!
kyuubaa 103

観光都市と言っても、な~~んともノンビリしている

観光客もチラホラ・・・今までの感覚の観光都市とは

あまりにもかけ離れている・・・

「これが観光都市ですか~~」っと最初はブツブツ言っていたが・・・

キューバが徐々に効いてくる・・・
kyuubaa 098

kyuubaa 107

kyuubaa 108

都会のハバナとはまた全然違う

こんなのどかな観光都市初めてだが、とてもリラックスさせてくれる
kyuubaa 112

kyuubaa 104

kyuubaa 099

kyuubaa 137

良いんですよ。。。

味がある町なんですよ・・・

ブラブラ~~っと歩き、写真をパシャリ。

ブラブラ~~~っと歩き・・・「お茶でもするか」

の繰り返し・・・そんなトリニダー・・・
kyuubaa 139

でも適当にカフェに入っても、こんな弾き語りが・・・

ハバナ音楽はどこで聴こうか?っと言う当初の問題は

マッタク無用だった・・・そこら中でサルサが流れる国

それがキューバ。。。

そんな強い印象を受ける。
kyuubaa 105

kyuubaa 122

↑車が故障したらしいおじいちゃん、縄紐で引っ張るつもりらしい。

この町で面白かった物、それはお土産品達
kyuubaa 095

木製品や・・・(ゲバラグッズがチラホラ)
kyuubaa 089

紙粘土っぽいマグネット・・・
kyuubaa 138

空き缶で作ったカメラのおもちゃなどなど

男達は革靴を手で縫っている・・

なんか・・・超手作り!

物資が無いキューバだが、みんな色々工夫して

お土産を作っている。。。

最初は申し訳ないが「クオリティー低いな~~」っと

思ってしまったが、物資が少ない国。

後々これが社会主義か~~

っと変な所で実感してしまった。
kyuubaa 088

↑このゲバラの葉巻入れ、何ともイイ感じだった

作りもかなり丁寧でたしか15クック(1500円)

買いたかったが・・うぅ・・・荷物になる。。。断念。。。
kyuubaa 090

↑ゆかりねえさんはオモチャのカメラを買ってご満悦。
kyuubaa 091

こんな光景も↓
kyuubaa 118

ある土産屋さんで葉巻制作の実演をやっていた

こんな感じで丁寧に巻いていくんですね~~

素晴らしい!
kyuubaa 128

kyuubaa 126

↑一応、前宮殿なども見学しに行きました。

ここら一帯にはサトウキビ畑が広がっており

以前スペイン統治下にあったときアフリカから大量の奴隷達を

集めてきて、安賃金で働かせ莫大な富を築いた富豪達の

宮殿らしい。暗い過去もキューバですね、だから革命が起こった。
kyuubaa 114

現在では想像も出来ないノドカな町。。。

夜になると教会の脇に有る広場でサルサの生演奏が演奏

されていた、マラカスの軽やかなリズムに様々な楽器達が続く

そこに歌が入ると、お客さん達はおもむろに席を立ち

踊りだす・・・。


気がつくと、何処から湧き出てきたのか

周りは観光客で埋め尽くされていた、こんなに居たのか~観光客。。。

そんな音楽の町トリニダーだった。。。

さてさてキューバ。

さてさて

今日メキシコシティ到着です

アミーゴは今回も空いてます。

ココに来るまでも、チェチェンイッツァ行ったり

洞窟に沸く泉で泳いだり、色々してました。

え~それよりキューバですよね。。。
kyuubaa 022

↑ハバナ旧市街、旧国会議事堂前にて。

行きましたよ~キューバ!

キューバに向かう飛行機はクバーナ航空という

キューバ国営の航空会社で行きました

これがまた面白い飛行機だった・・・
kyuubaa 001

座席が前に倒れたり・・・
kyuubaa 004

スチュワートが全然やる気なかったり・・・

一番驚いたのが・・・
kyuubaa 002

飛び立つとき機内から煙が・・・

それでも皆さん全然平気

恐ろしい・・・初体験でした

とりあえず無事ハバナ到着した・・・良かった。。。

ハバナっというかキューバ!凄い!

街に着いたとたんテンション急上昇!!
kyuubaa 006

噂には聞いていたが、アメ車!旧車!!
kyuubaa 008

普通にイッパイ走ってる!

しかも上の写真は全部タクシーです・・・
kyuubaa 009

カッコ良すぎだろ!

バックパック背負いながらカメラのシャッターボタン押しっぱなし

止まらない・・・
kyuubaa 007

街も味わい深く、これぞキューバ・・・

これは面白い旅になりそうだ!!

キューバは数少ない社会主義の中でも

上手く回っている国らしい

家などは全部国の所有物

食べ物も配給されるらしい

病院は全部無料。

しかし物資は少なく、古い物を大切に使っているらしい

なので車なども旧車なんですね

使い捨てライターも貴重なため

町にはガス補充屋さんが沢山いる。
kyuubaa 010

↑宿はホテルかCASAっと言う民宿が定番

僕らはもちろん安い民宿を利用する事に
kyuubaa 011

↑民宿のマーク。

10~15クック(1000~1500円)
kyuubaa 012

民宿は国のチェックがあるらしくとても綺麗

宿に教師をしている子が遊びに来てて

1ヶ月の給料を聞いたら15クックと言っていた・・・

僕らは彼女らの1ヵ月分の給料で1泊している事になる。
kyuubaa 024

しかし、キューバの人達は明るく人懐っこい

ノンビリ幸せそうに見えた、将来の心配が無いというのは

大きそう、ある程度は国が補償している。
kyuubaa 018

kyuubaa 060

kyuubaa 063

あ~~何度も言うが、なんて味わい深い国なんだ~~

もう1日目にして大好きな国になった~~。

1日目にまず向かったのは

葉巻工場!!

これを楽しみにしていた!
kyuubaa 031

実は日本にいた時、キザにもシガーバーなど

行ってたんですね、少しハマって色々調べたりしていた

ハバナはその本拠地!
kyuubaa 032

kyuubaa 034

葉巻の最高峰コイーバ!

そしてあのチェ・ゲバラが愛したモンテクリフト!

僕が好きだったパルタガス!!

全部この工場で製造している。

うぅー・・・テンション上がりっぱなし・・・。
kyuubaa 036

10クックで(1000円)で見学可能

見ましたよ~工場!凄かった~でも写真はNG

目に焼き付けてきた・・・

素晴らしい・・・全部、全部!手作業だった・・・

黒人、白人、男、女、若い人から、老人まで

みんな机に向かい、ヒタスラ葉巻を巻いてる・・・

歌を歌っていたり、肩を気持ちよさそうに揺らし

踊りながら作業している人もいた。

しかし仕事はメチャクチャ丁寧だった

特に口をあてる先端などは丁寧に丁寧に仕上げていた。。。

驚いたのは箱詰めまで手作業

それも開けた時の色合いなども考え

微妙な葉の色までチェックし箱詰めしていた

それは高いわ・・・・。
kyuubaa 044

今回は奮発してコイーバを一本買いました!

12クック(1200円)ハバナで葉巻を吸う・・・夢だった・・・。

変にカッコつけてスミマセン・・・。。。

味は緊張してて良く分からんかったが、多分旨かった。

さてさて何と言っても町歩きが楽しいキューバ

歩いてると色々話しかけてくる
kyuubaa 070

kyuubaa 067

このカッコいい兄ちゃんに話しかけられミント入りの

ジュースを飲んだり、有名なサルサを聞いたり

楽しかった~そしてキューバの地元民が吸っている

安い葉巻を教えてもらい1本100円で5本売ってもらった
kyuubaa 071

↑(右のニーちゃんは野球の選手らしいキューバは野球ですもんね。)

そのおかげでキューバは葉巻を吸いながらの町歩きとなった・・・

あ~~なんて贅沢なんだ・・・幸せ・・・。
kyuubaa 068

川の展望台から見たハバナ市内
kyuubaa 078

大砲は車避けに使われている。
kyuubaa 073

kyuubaa 075

街にはギャラリーも沢山有る。

なんかキューバはセカセカ観光するのではなく

ノーーーンビリブラブラしたり

葉巻吸ってボーーっと町並みを眺めたりするのが一番

結局当初予定していた観光スポットは全然回れなく

1日が終わった・・・

でも大満足で宿に帰りました・・・

2日目からはトリニダーという町にバスで向かいました・・・。

それはまた今度。

キューバはあのグアテマラで再会したゆかりさんと回りました

2人でノーーンビリ回りました。

そんな感じ。

え~現在の僕は明後日の早朝の便でニューヨークに向かいます!

それも楽しみだ~~~。

そんな感じ。。。
kyuubaa 066

キューバから戻りました!

お久しぶりです

キューバから戻りました

ネットが繋げなかったのですみません。

キューバはこの旅の中でもかなり上位に食い込む

素晴らしい国だった!

書きたい事は、山ーーーーーーーーほど有るんですが


・・・それでも自分勝手に書いてしまう僕ですが


今現在の気持ちをどうしても書きたいモンで

ちょっと的外れの事をボソボソ書こうかと・・・


ハバナである旅人から小説をもらいました

東野圭吾「手紙」

有名なんで読んだ人も沢山いるとおもうんですが

この「手紙」は日本にいるとき、友達がビデオを借りてきてくれ

観たおぼえがある物でした

その時、観た印象では兄貴役の方
(すみません僕は俳優の名前など芸能人の名前をすぐわすれてしまうんで・・・)

の演技がもの凄く素晴らしかった印象を受けました。


ストーリーはまあまあだったかな~っと言う感じでした。


そんな記憶があった「手紙」

今までの旅で東野圭吾の面白い小説を読んでいたので

「手紙」って東野圭吾だったんだ~っと思い出し

今回、小説を読ましてもらった。


映画を見ていたせいもあり、スムーズに読み進め

さっき完読しました。


もの凄く感動したし、泣けました。

映画の印象と違う感動もあったし、奥が深かった。



日本にいる時、小説などはあまり読まなかった自分ですが


旅に出ると、小説などは貴重な持ち物として必ず1冊は持っており

旅人と交換したりして度々読んでいました。

そのおかげで素晴らしい小説にも出会った。


そういう小説達は次の旅人に

「これは凄い面白かったよ」っと言い渡す事が出来る

そしてその作品はまた新たな人に読まれる。

それは、感動した者としてはとても嬉しい事ですよね。


そして逆に「じゃあ、この小説と交換しよう」って事になる。

現に「手紙」もさっき新たな旅人に渡し

代わりに、パウリョ・コエーリョ「11分間」っと言う小説と交換しました。


彼は、この小説に感動し何行かの文をメモしたらしい・・・




最近、前も書いたように”旅”っと言うことをよく振り返るようになった

バックパッカーは世界の観光名所を周るだけでなく


日々の生活でも色々な事をやっていたり考えたりする

時間が有るっと言うことが大きいのかもしれない

小説を読む事もそうだし

旅人と色々な話をしたり
(話の中でも深く深く勉強になる事が多々あった)

自分の事も考えたし、日本の事もよく考えた、そして

”それ”は世界の事に広がり宇宙の事、そして宗教などにまで

繋がった。くさい話かもしれないが、大真面目に話し合った事もある。


こういう事もバックパッカー旅行の大きな醍醐味で

勉強なんだな~っとしみじみ考えていたんです。


自分を今までと違う環境に置くだけで

こんなに今までやらなかった事をするようになったし

考えるようになった。


この”旅”で日本にいた時、漠然と考えていた世界一周

そしてバックパッカー・・・

今、終わろうとしている環境に立つと

あぁ~・・・自分の想像していたモノより

こんなに深い物だったのか~・・・っと実感している。

ホントーーに貴重な1年だったな~っと振り返ってる。


まだ1ヶ月残ってるんだけど”こういう事”を考えながら

続くと思える。



終わりが近づくのもいいな~っとつくづく考えていた。。。




どうしても今現在こんな事ばっかかんがえてたんで

キューバの事これから書こうにも、スカスカになりそうだったんで

今日はこんな感じになってしまいました。。。



東野圭吾・・・・恐るべし。。。





さて、言いたい事は「ボワ~~~」っとしていてまとまってないですが

大体こんな感じです。


ハ~~スッキリした~~。

明日からはキューバの事書きます!多分。。。。

キューバ~~~ホントに本当!良かったんです!

それだけはヨロシク。


そんな感じ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。