重さんとブラウニーさんの世界旅。。。

重いブラウニーさん4人連れ、旅してます。。。
2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルンからチューリッヒへ

前回は失礼しました・・・



一晩寝たらケロッと治りました・・・



という訳で・・・・



ベルン最終日は


電車・バスを乗り継ぎ1時間・・・

エメンタール地方に足を伸ばしました

エメンタールと言えば・・・エメンタールチーズ!!

あの”トムとジェリー”でよく出てくる

穴あきチーズの名産地です!


sis41.5 002.jpg

直径1m、重さ100kgのチーズを作るのに

約1200Lの牛乳が必要で

4~18ヶ月熟成するとの事

その際発生する炭酸ガスで独特の穴が出来るらしい・・・

でも、あの穴が美味しそうに見えますよね、、、

sis41.5 003.jpg


sis41.5 014.jpg

工場もスイスらしい、かわいい民家風

工場の中は、何ともいえない甘ーい香りが・・・

そして少しアルコールのニオイが”ツーン”とする

sis41.5 004.jpg

工場はプヨプヨのお兄さんが一生懸命汗を流している

sis41.5 008.jpg

おぉ~美味しそう、

すべてのチーズにスイスの国旗などが刻印される

sis41.5 009.jpg

これは古い刻印機で”ボーガン”の印がされている

そして工場と言えば、試食ですね~

sis41.5 006.jpg

たくさん種類がある、1個ずつ食べる・・・

最初はいい感じ、、美味しい・・・・・・・

んっ・・・・、。。。げ~!!
ぐえ・・・・

しかめる顔を隠しきれない・・・・

・・・なんて味だ・・表現しきれない・・・

まあスイス人が納豆とか食べたら

こんな反応するのかもしれない。。。

とりあえず本場の味を体験した、満足!

それにこの町は北海道みたいなのどかな町きもちいい

sis41.5 010.jpg


sis41.5 019.jpg





・・・そして現在チューリッヒにいまーす!

sis41.5 026.jpg



ベルンよりだんぜん都会!!
(まあアメリカもニューヨークの方が都会だもんね・・)


sis41.5 031.jpg


sis41.5 030.jpg

蚤の市・・楽しい・・・

sis41.5 034.jpg

街の大きなおもちゃ屋さん、なんと滑り台が付いている

子供向けレストランなども有り楽しい、

子供達が口いっぱいにケチャップを付けペンネをほおばっている。。

売っている物も少し違う

僕の好きな”LEGO”も大型の稲刈りマシーンなど日本に

売っていないモデルがある

あとこちらはボードゲームが盛んらしい

いっぱい種類が有る


sis42.5 035.jpg


sis41.5 036.jpg

そして行ってきました!

ル・コルビジェ ハウス

スイス出身、あの有名な建築デザイナーです!

sis41.5 037.jpg

このミュージアムは最後にデザインされた貴重なものらしい・・・

コルビジェは色々な国に作品を残しており

フランスの田舎にも教会を設計している

今回の旅フランスはそこに行くのがメインの一つになってます

項ご期待!

なかには、コルビジェが製作した絵画、彫刻、イスなどが展示してある
(もともと芸術家だったんですね~)

そこで日本人のこと会いました・・・が・・・

色々あったみたいで落ち込んでました・・・

でも建築デザイナーで、建築物を中心にヨーロッパを回っているらしい

そして、、買ってくればよかった~と前から思っていた

ヨーロッパのユースホステルが特集されている本をくれました!!

ありがと~~~それとお湯で作れるおにぎりも2つクレタ・・・

涙出そう・・・ありがとうございます・・・。。。

sis41.5 039.jpg


sis41.5 040.jpg


コルビジェハウスの前は白鳥が泳ぐビーチ。。。



そして明日ドイツ・ミュウヘンに向かいまーす!



スイスは大好きな国の一つになりました!



スイスありがとう・・・。自然がいっぱい・・・。。。



そして平和・・・な国。
スポンサーサイト

ベルンはスイスの首都さ!

首都なんです・・・首都なのか。。

勝手にチューリッヒが首都だと思い込んでいた・・・・
(見なかった事にして下さい。)

と言うことで無事到着です

というか1時間ぐらいでした・・・たしか・・・


街のシンボル時計塔~

おもちゃみたいで可愛らしい

なんと800年前から動いているらしい・・・

すごい、そしてこの技術を元にあの”オメガ”が誕生したらしい・・・

すげ~

時間になると頂上に居る金色の兵士が鐘を打つ

街は全体的に古い建物が残っており

街全体が世界遺産に登録されている。

しかし首都に見えない・・・・

首都なので”街”と書きましたが・・・・

”町”にしか見えない・・・。

でもかなり居心地は良いです

街は住みやすそうで今までのスイスとはまったく違います。

それになんと言っても宿がイイ!

インターネットできるしキッチン有るし!!


と言うことでまた外国味パスタ作りました!

あのバジルみたいなヤツ、なかなか無くならない・・・

よく見ると肉が有るの見えますか?

あれの元はこれです・・・

美味しそうでしょ、買っちゃいました!

牛です!贅沢してしまった・・・

米サラダ付けて

1750円!!!!

メチャ高!!!

たまにはいいよね・・・・・

結局1回では食べられず夕食に回ったという事です

夕食の時は焼いたので倍旨かった・・・。。

しかし・・・ベルンはあまり見るところが無い・・・

少し離れた所にパウル・クレー美術館が有ると聞いたので

わざわざバスに乗って行ったのに・・・なんかイマイチ・・・


仕方なくベルン美術館に、、、それなりに面白かったけど・・・

ベルンにまで来て、ピカソやモネ見てもね~~

展示数少なかったし・・・・

でもスイスパスで無料だ、それだけは良し!

明日は博物館に行ってみます。

でもベルンはウインドウショッピングが面白いです!

この骨董屋さんなんかかなり見ごたえが有った

他にも面白いデスプレイのパスタ屋さん

下のカップに色とりどりのパスタが入っており

アイスクリームみたいに展示している

あと写真を撮らしてくれなかったけど

古い洋人形がいっぱい並んでいて

奥で白ヒゲのおじいちゃんが糸で人形を修理しているお店が有った・・・

とにかく街を歩くのが楽しいです。。。


ブラウニーさん、そっぽ向いてますが・・・

街の消防士さん
(ヘルメットにベルンの熊マークが付いている、かっこいい)

ウ~~~ウ~~!!!

と言って一軒のお店に駆けつけてきた

どうやら工事の粉煙が探知機に反応したらしい

凄く感じのいいお兄さんだった。

最近雨によく降られます。

気がついたら今日全然写真撮って無かった・・・


さあ、インターラーケン最終日

ハイキング修め、行って参りました・・・

まずはこないだ行ったグリンデワルトの反対側の谷

ラウターブルネンに

こちらの町は小さくこじんまりしている

しかし凄い高い谷が側面にそびえていた

そこから大量の水が滝として落ちてくる・・・・

谷があまりに高すぎる為

大量の水は地面までたどり着けず

途中で空気や風に舞い上げられ幻想的な渦を巻き

霧になる、見事・・・

そして本滝の隣の小さな滝は

落ちる瞬間から舞い上げられ

霧になる、それを明るい太陽が照らし

まるで粉雪が降っているように

キラキラゆっくり落ちてくる。

なんて迫力で幻想的な滝なんだ・・・

それなのに・・・・

ほとんど観光客無し!!

さすがスイス!

日本にこのクラスの滝が有れば国民こぞって

観光に来るだろう・・・・

それだけ素晴らしい風景や山脈が有るという事ですな・・・

この町にはこの他にも小さな滝が町目がけて流れていました。

さあ、今日のハイキングと言うと・・・・

ザンザンに降られて帰って来ました・・・

最初はいい天気だったのにな・・・・

まあそんな日もあります・・・

なのでよく話しに出てくる

僕らの味方!

COOP(スーパー)

の写真をアップします


これだ~

新しい町に行きこのマークを見ると

すこし”ホッ”としてしまいます


何にしてもスーパーは面白い!

現地の人達の生活が見られる

国によって置いてある品物が全然違う

(イタリアのCOOPではアンチョビが売ってたのにスイスは無い・・・悲しい)
(アンチョビの代わりにカラー卵が売ってます・・・いらねーー!)


時間が有るととりあえずCOOP行ってしまいます

しかし閉まるのが早い・・・6時半閉店・・・

日本もそのぐらいだっけ・・・

でも日本とスイスは違うんです!!

スイスはとにかく日が長い!

8時になっても夕方ぐらい明るいんです

10時ぐらいでやっと暗くなる感じ・・・

感覚オカシクなるんです・・・

↑それに見てください、普通のスーパーで

こんなにワインが売ってます・・・スゲーしかもかなり安い

1000円以下500円以下もいっぱい有る・・・

・・・しかし僕はまったくお酒に興味が有りません・・・

お酒好きな方スミマセン、こんなに有るのに

1つも紹介出来ません。

好きな人は、楽しいんだろうな・・・。


っとまあこんな感じで

明日ベルンに行ってきます

ベルンに2日ぐらい居て、それからチューリッヒへ

チューリッヒに3日ほど滞在し、次3カ国目ドイツに入りまーす。

スイス・ブリエンツ


湖、綺麗だ・・・

ゆらゆらぴかぴか

白鳥がスーーと横切る。


山の方で・・・ゴロゴロゴロー・・・と

雷が鳴っている・・・

空は青空と濃い雲が入り混じる。

COOPで冷たいコーラを買い、ゆるい坂を登り目的地に

ブリエンツは芸術の村

木彫学校や木彫ミュージアムがある。

通りのショーウィンドウには熊や鹿、木こりの彫刻が並んでいる

ミュージアムに入ると、日本人団体客が・・・

ラッキー従業員が日本語で作品の説明をしている

・・・聞き耳を立て作品を鑑賞・・・

オルゴールや動物の彫刻が並んでいる


この土地で木彫が盛んになったのは

厳しい冬に仕事が無い為、家の中で出来る物を

との事らしい。

そして日本北海道の有名な熊の置物の由来・・・

大正12年尾張徳川家の徳川義親がスイス、このブリエンツに

観光しに来て、熊の木彫をお土産に買っていき

それを北海道八雲町の農民に、これをまねて収入源にしろと提案したらしい・・・

おぉ~知らなかった・・・



この犬の彫刻は1本の木から彫りだしたらしい

・・・生きてるみたいに、生き生きしている

展示室にはモダンアートの作品も展示してあり

面白い

十分に鑑賞し満足

また駅の方に戻る・・・ゴロゴロ・・・ピカ!

雲行きが怪しい・・・でも雨は降らない・・・

町の人は平気な顔で通り過ぎていく

日本人団体客は大型バスに乗りどこかに行ってしまった。

この町にはもう一つ楽しみがある

登山鉄道、それも蒸気機関車だ

鉄道マニアの中では有名らしい

普通は最終駅ロートホルンまで行くのだが

僕は帰り歩いて下山するつもりだったので

途中の駅で降りることに・・・


機関車は最後尾に有り押し上げる形になっている


中で火がゴウゴウと燃えている

そして出発

ポッポッ!!ジュユジュユ!ジュユジュユ!

と音を立て急な山を登っていく

湖の方に目をやると・・・

バーーーっと湖が広がり

その周りに小さな木の家がパラパラ見える

その先には立派な山脈が並ぶ

ジュジュジュ!何個かトンネルをくぐる

蒸気の音が数倍になり、トンネルに響く・・・

凄まじい迫力。

そして駅に着き下車・・・

機関車は水の補給・・・

そしてまた、けたたましい音を立て出発!

山頂まで行く人達に手を振る、列車は山頂へ登っていった。

ゴロゴロゴロー・・・・

ポツポツ雨が降っている・・・

少し駆け足で下山

結構木が生い茂るコースだ

サーーー雨が降り出す・・・

ピカ!ザーー

ヤバイ・・・ザーーーー!!!

このタイミングで降ってきた~~

木の陰へ逃げ込む

バラバラバラ!!!

本格的に降り出す・・・

アレ?雨が地面に落ちると共に少し跳ねて・・・コロコロコロ

と転がる・・・・・?

霙だ・・・

バチバチバチ、木の葉っぱに当たる・・・

どうしよう・・・

少し弱まった瞬間に走る!

おっ小屋みたいなのがある!

駆け込むと”それ”は、蒔きを乾燥させる簡単な小屋だった


しばらく雨宿り・・・

濡れた上着をパタパタ振り乾かす・・・

さすがアウトドワ上着、すぐ乾く・・・

ザーーーーバチバチバチ
(トタンに雨が当たる)

う~ヤバイな・・・

約30分後

サーーー

弱まってきた

少し濡れるが仕方なし

早足で下山

その内やんだ、良かった・・・

と思った瞬間

小鹿と目が合う・・・・

しばらく見つめ合い、ポーンポーンと

足のばねを十分に使い跳ねて逃げていった。

あ~雨のせいで最終フェリーに乗り遅れた~

楽しみにしてたのに、残念。

登山家の1日。

6人部屋の宿最初に起きる。

また日本の夢を見てしまった・・・

(左手前、1段目が僕のベット)

モゾモゾ音を立てないようにベッドから出る・・・

昨日の夜、上のベットのアラブ人(多分)・・・

ガサガサうるさかったな・・・


歯磨き片手に洗面所へ・・・

ガイドブックを片手に、今日はどうしよう・・・

きょうはインターラーケン3日目、よし長距離のハイキングコースにしよう

まずはスーパーに買出し、駅前の”COOP”に身支度をし出発。
(COOPはイタリアにもたくさん展開していた)

とりあえず朝食の菓子パンや昼の為のフランスパン・・・

肉系は昨日の残りが有るし・・・マヨネーズ有るし・・・

水だけ買おう・・・結局、水とパン4つカゴにほり込む。

とりあえず朝食は、宿の近くの川にお気に入りの場所が有る。

川は水量が多く、エメラルドグリーンに色づいている


パンをかじっていると、白鳥やら小鳥やら急いで集まってくる・・・

ポーイとパンを投げてやる・・・

素早く平べったい口をジャバジャバ動かし食べる。

少し冷たい朝の空気が心地よい・・・

ランニングしている人がハローと素早く去っていく。

そしてボチボチ駅に向かう。

今日も30分電車に揺られ”グリデンワルト”へ

電車の中でロ-プウェーの乗り場をチェック。

駅に着き町のメインストリートを歩く、もう町は動き出し

登山家や観光客がザワザワ活気がある

お土産物のスイス国旗が赤くキラキラ光っている

5分ほど歩き、ロープウェーに乗車・・・

”ガタン・・・シュイーーン”っとスルスル快調に進んでいく


山小屋がスルスル近づきは去っていく

雪を頭に乗せた山脈郡がドンドン現れてくる

いつまで続いているのだろう・・・どんどん上がっていく・・・

そして最終駅フィルストに到着そこはもう絶景・・・

自分が山脈郡の中心に居る。


そしてハイキングを楽しんでいる人々の仲間入り・・・

ゆっくり歩き出す

ハイキングコースには花が咲き、小鳥が聞いたことのない

変わった鳴き声でピヨヨヨヨーと歌っている



高山植物は変わった形の物も有り見ていると、疲れを忘れる・・

最初は少し登り坂があり登山らしいコース、登りがいがある。

そして平坦なコースに入り、みんな思い思いのペースで歩く

しばらく歩くと、パーと視界が開け、キラキラキラっと水の反射が

目を射す・・・

目的地バッハアルプゼーの湖だ・・・

山脈が綺麗に反射し、鏡のように姿を湖に映している・・・


そして皆さんお弁当を広げているので僕も昼食

少し見えにくいですが

フランスパンに自慢のスイスナイフをさっそうと出し、

切れ込みを入れる・・・

そこに肉と言うか・・・何て言うんだろう・・・

簡単に言えば、缶に入っている犬のえさみたいなヤツ
(写真では一番下の丸い容器)

ハムなのかな~とりあえずナイフで適当に切りパンに挟む

そして極め付けにマヨネーズをいっぱいかける!

そして大きい口を開けかぶりつく!

旨い!やっぱりスイスだとパンが美味しく感じるのかな~

と想像する・・・・

もしこれがおにぎりだったら・・・・

白いお米に・・・赤い梅干(鰹節が一緒に漬け込んで有るヤツ)

お米の水分を少し吸って、しっとりした海苔・・・・

シジミの佃煮もイイよね~・・・

ガブッと口いっぱいにかぶりつき

そこに若鶏のモモのから揚げ・・・きゅうりをポリッとかじり・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

あ”@@@@@だめだーーーー!!!

想像したらダメだーーーー!!!

想像するなーーー

実際現地で想像してたが、今文章で書いてる時でもオカシクなりそうだ・・・ヴ~


ブタ。

ヤギ。首に鐘付。

牛。鐘付。

ブラウニーさんと一緒に写真を撮ろうとしたら

デカイ舌でベロ~~っと舐められ食べられそうになる・・・


帰りバス代をケチったせいで、かなり歩いた・・・フ~

疲れた・・・パラパラ雨降ってたし・・・

最近、太ももからふくらはぎにかけての血管が

異様に太く、色が浮き出てきた・・・

この1カ月異常に歩いたからな・・・それにきて今登山三昧だしな・・・

がんばれ・・・

今日の晩飯は韓国料理屋に行きました

て言うか・・・辛!けど旨!

辛!!けど旨いけど辛い!!!

それになんでこんなに辛いのに

付け合せがキムチなの・・・・

こんなに近くの国なのに味覚がここまで違うとは・・・

口から火が出てるけど・・・う、旨い・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。