重さんとブラウニーさんの世界旅。。。

重いブラウニーさん4人連れ、旅してます。。。
2010/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2010/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューバから戻りました!

お久しぶりです

キューバから戻りました

ネットが繋げなかったのですみません。

キューバはこの旅の中でもかなり上位に食い込む

素晴らしい国だった!

書きたい事は、山ーーーーーーーーほど有るんですが


・・・それでも自分勝手に書いてしまう僕ですが


今現在の気持ちをどうしても書きたいモンで

ちょっと的外れの事をボソボソ書こうかと・・・


ハバナである旅人から小説をもらいました

東野圭吾「手紙」

有名なんで読んだ人も沢山いるとおもうんですが

この「手紙」は日本にいるとき、友達がビデオを借りてきてくれ

観たおぼえがある物でした

その時、観た印象では兄貴役の方
(すみません僕は俳優の名前など芸能人の名前をすぐわすれてしまうんで・・・)

の演技がもの凄く素晴らしかった印象を受けました。


ストーリーはまあまあだったかな~っと言う感じでした。


そんな記憶があった「手紙」

今までの旅で東野圭吾の面白い小説を読んでいたので

「手紙」って東野圭吾だったんだ~っと思い出し

今回、小説を読ましてもらった。


映画を見ていたせいもあり、スムーズに読み進め

さっき完読しました。


もの凄く感動したし、泣けました。

映画の印象と違う感動もあったし、奥が深かった。



日本にいる時、小説などはあまり読まなかった自分ですが


旅に出ると、小説などは貴重な持ち物として必ず1冊は持っており

旅人と交換したりして度々読んでいました。

そのおかげで素晴らしい小説にも出会った。


そういう小説達は次の旅人に

「これは凄い面白かったよ」っと言い渡す事が出来る

そしてその作品はまた新たな人に読まれる。

それは、感動した者としてはとても嬉しい事ですよね。


そして逆に「じゃあ、この小説と交換しよう」って事になる。

現に「手紙」もさっき新たな旅人に渡し

代わりに、パウリョ・コエーリョ「11分間」っと言う小説と交換しました。


彼は、この小説に感動し何行かの文をメモしたらしい・・・




最近、前も書いたように”旅”っと言うことをよく振り返るようになった

バックパッカーは世界の観光名所を周るだけでなく


日々の生活でも色々な事をやっていたり考えたりする

時間が有るっと言うことが大きいのかもしれない

小説を読む事もそうだし

旅人と色々な話をしたり
(話の中でも深く深く勉強になる事が多々あった)

自分の事も考えたし、日本の事もよく考えた、そして

”それ”は世界の事に広がり宇宙の事、そして宗教などにまで

繋がった。くさい話かもしれないが、大真面目に話し合った事もある。


こういう事もバックパッカー旅行の大きな醍醐味で

勉強なんだな~っとしみじみ考えていたんです。


自分を今までと違う環境に置くだけで

こんなに今までやらなかった事をするようになったし

考えるようになった。


この”旅”で日本にいた時、漠然と考えていた世界一周

そしてバックパッカー・・・

今、終わろうとしている環境に立つと

あぁ~・・・自分の想像していたモノより

こんなに深い物だったのか~・・・っと実感している。

ホントーーに貴重な1年だったな~っと振り返ってる。


まだ1ヶ月残ってるんだけど”こういう事”を考えながら

続くと思える。



終わりが近づくのもいいな~っとつくづく考えていた。。。




どうしても今現在こんな事ばっかかんがえてたんで

キューバの事これから書こうにも、スカスカになりそうだったんで

今日はこんな感じになってしまいました。。。



東野圭吾・・・・恐るべし。。。





さて、言いたい事は「ボワ~~~」っとしていてまとまってないですが

大体こんな感じです。


ハ~~スッキリした~~。

明日からはキューバの事書きます!多分。。。。

キューバ~~~ホントに本当!良かったんです!

それだけはヨロシク。


そんな感じ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。