重さんとブラウニーさんの世界旅。。。

重いブラウニーさん4人連れ、旅してます。。。
2017/05≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリア→ヨルダン→イスラエル・エルサレム

更新少なくてスミマセン・・・

最近かなりスピーディーに周ってます・・・

シリアの首都ダマスカス

シリア最終日”カシオン山”に登り夜景を堪能しました~

この山は地元の人の観光スポットになっていて賑やか

水タバコやコーヒー(凄くマズイ・・・)などで遅くまでくつろいでいる。

街の摩天楼が見事!

所々にモスクの緑の光(緑の蛍光灯が夜灯る)がアクセントになって綺麗・・・


ダマスカスには3泊しました、2日目には2時間ほどかけ”ボスラ”に

ローマ劇場がほぼ完全な形で残っている、見事。。

でもこの日の一番のイベントは帰り道だった

日本人4人でボスラ行ったんですが、

人生初のヒッチハイクしました!

以外と簡単に捕まりトラックの荷台にボッコンボッコン揺られ
(しかし積荷がチューブの塊でいいクッションになりお尻は快適)

楽しかった・・・

ちょうど夕暮れ時間で、夕日に照らされた土壁の町並み

ヤギに乗り沢山のヤギを連らねてるおじさん

バイクに4人の家族を乗せて走るお父さん・・

道端で楕円形の馬鹿でかいスイカを山積みにしている露店・・

色々な風景が通り過ぎ”あぁ~旅してる・・・”と実感した。。


そして名残惜しいが・・・”シリア”サヨナラです・・・イイ国だった・・・

ヨルダンの首都アンマンへ!ここは何も問題なくすんなり入国!

宿はパッカー定番の”マンスーラ別名コーダハウス”へ

コーダハウスとは以前ココに泊まっていた”香田君”と言う子が

イラクに入国し首を切られた事件・・・(知ってますよね・・・)

ここのオーナーが香田君を止められなかった事を悔やみ

”コーダハウス”と別名で付けたらしい。

着いた初日、僕はダマスカスで一緒になったY君と2人組みで

宿に居た3人の日本人と明日イスラエルに行こう!と言うことに・・・

おぉ~心の準備が・・・と思っている内に出発・・・

噂の通りイスラエルの入国審査員は若くて綺麗(みんな腰パン)。。

しかしイスラエルはそう簡単には入国出来ない・・・

まずボーダーに着いたら変な水をかけられる(扇風機で)・・・未だに謎・・・

そして色々質問される・・・長い・・・

僕らは人数が多かったので1時間ほどだったが

人には2時間別室で永遠質問攻めにあったとか・・・


しかし何とかイスラエル入国!そしてあの・・・・

エルサレムへ!!

エルサレム旧市街の入り口”ダマスカス門”
ラマダン中の夜はお祭り騒ぎ・・・

中のスーク。肉や果物、生活用品何でも揃う(しかし物価は高い)

さてさてエルサレムはスゴイですよ見所のレベルが高い!

なんと言っても3大宗教の重要な聖地

ユダヤ教の「嘆きの壁」

みんな真剣に壁に向かい何やら唱えている・・・

ある人は壁を叩きながら訴えている人もいた

ドイツ以来のユダヤ人だが、数がスゴイ・・・そして

あまりの雰囲気に圧倒される・・・

そして

イスラム教の”岩のドーム”

預言者ムハマドがココの岩を蹴り天空のアッラーの元へ向かった

とされている・・・

しかし現在はムスリム以外の入場は禁止されている。

建物はさまざまな柄のタイルがはめ込まれており

太陽の光でキラキラしている

とても繊細で美しい建物。。

空の淡いブルーと見事に調和している

そしてそして

キリスト教

キリスト教はエルサレム全体に重要なポイントが有る

この写真はイエスが十字架を背負い歩いた道を辿っている

観光中何回もこの行列を見た

イエスが歩いた道、夜7時になると露店は一せいに閉まる

そしてこのポイントが重要!

このクリスチャンが囲んでいる”石板”これは

イエスが十字架に打たれた後、降ろされ聖油を塗られた場所

次に

この場所はイエスが打ち付けられた十字架が立っていた地点

真ん中下の四角い場所はしゃがんで少し入れる

中には丸い空洞が有り、手を入れると円柱の空洞が有る

そこが十字架の打たれたポイントと言う事らしい・・・

建物の奥に入ると・・・この孤立した部屋が・・・

なんとココに

イエス・キリストの棺が眠っている・・・

中はロウソクが灯され、豪華な絵画などに囲まれ

大理石の棺が安置されていた

棺は人々の手ですり減り表面が波うっていた

クリスチャンは額を棺にこすりつけ祈っていた。


さすがに・・・まいった・・・

さすがエルサレム・・・・ここは異次元だ・・・


しかーし物価が高い・・・外食は無理・・・

せっせと自炊。宿には3人の仲間が居たのでワリカンで定番パスタ!

野菜などは比較的安い、そして果物も

このマスカットは1キロ130円!

激安で激ウマ!(でもシリアでは1K50円でした)

しかしバックパッカーの話は少年の様だ

食後みんな夜は暇なので本を読む以外はよく話す

内容は他国のビザの話や宿情報など

でも一番多いのは”あの町は綺麗だった~”や

”あの海はメチャクチャ綺麗ですよ~”

”あの山脈で100枚写真撮りましたよ~”

”あの国の民族衣装はカワイイ”など

みんな少年の様な顔で話す。

そして話は学校の事や将来の事など深い所までいく

(サボテンの実。これを道端でよく売っている、美味しいらしい)

こんな環境なので本当に仲間意識が強くなる。

バックパッカーは世代関係なく深く話せる事も楽しみの1つになっている。





この壁分かりますか、「FREE PALESTINE」

イスラエルの抱えるパレスチナ問題

イスラエルがパレスチナ人を隔離している分離壁

現代のベルリンの壁だ、しかしベルリンの壁の3倍は有り造りもしっかりしている

さまざまなアーティストが”自由”のメッセージをペイントしているが

あまりに壁が大きく書ききれていない。。。

今まであまりに遠い話で深く知らなかったがこの壁を見に来て

壁の大きさや監視カメラや見張り台を見せ付けられ

考えさせられる・・・けど何をしていいのかも・・・分からない・・・

最後にこの写真。名前読んで見てください・・・

オ・ス・カー シ・ン・ド・ラー

そうオスカーシンドラーの墓です。

エルサレム旧市街の少し離れたところに有った

ガイドブックを見ていたら偶然見つけてビックリしてしまった

映画「シンドラーのリスト」を観た人はわかると思いますが

最後にシンドラーに命を助けられたユダヤ人が

墓石の上に石を置いていくシーン、覚えていると思います。。

イスラエルだとは知らなかった・・・。


長々とスミマセン・・読んでくれてアリガトウございます

現在はアンマンに戻ってきました。

明日、死海に行き、明後日ぺトラへ

そして次にエジプト・紅海の町”ダバブ”に行きます

そして僕は腰を下ろし海を見ながらしばらく沈没予定・・・。。。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もう9月だね~

やほー!元気?(って、覚えてるかな?!)
パルミラ、エルサレム、ぺトラ・・・いいなー、あたしの行きたいとこばっか^^
河童時亜、あっカッパドキアもいいよね~(こんな変換されるのね)

ここの書類選考は受かるだろ~と思ってた会社から不合格の通知がT_T 
でも、ちょっと元気でた。ありがと!体に気をつけてがんばるんだよ~(お前ががんばれだけど笑)

ゆかさん!元気ですか~
本当に楽しい時間をアリガトウございます!
就職活動大変そう・・・
遠くから応援してます!ガンバレ!

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://colormacaron.blog115.fc2.com/tb.php/102-44cd6851
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。