重さんとブラウニーさんの世界旅。。。

重いブラウニーさん4人連れ、旅してます。。。
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大統領も出したペルー移民。


リマ市内にある

日秘文化会館

この施設はペルーの日系人に日本に触れる機会をと

移民80周年を記念して1981年に建てられた施設。

最初は日本食が食べれて、図書館が有るから~

と思い気軽に訪ねたが・・・

色々考えさせられた。。。

日本食堂、カツ丼!!に豆腐の味噌汁!!

美味かった!!

半年以上ぶりのカツ丼・・・・ウマイ。。。

それに熱い緑茶・・・サイコー・・・

施設の入り口にある

日本人ペルー移民90周年記念碑

1989年に設置されたのだから

110年前からペルー移民が始まったという事だ

残念ながらこの施設の2階にあった

日本人移住資料館が閉館していたため

移民については

他のホームページからひろいました↓

良かったら読んでみて下さい。

19世紀後半のペルーでは、綿、砂糖などの作物を作る農場で、あたらしい労働力の需要が増した。
農村部の人々が不況にあえいでいた日本では、日本の移住会社がペルーの製糖業者組合と契約を結び、ここに移民が行なわれるようになった。

明治32年(1899年)の第1回移民では、新潟県人が約半数を占める790人が海を渡った。それから大正9年(1920)の第67回航海までに、1万5000人を越える日本人がペルーに移民した。

移民についてよく聞く苦労話も、初期の頃は本当にひどかったようだ。第1回移民(全て男性であった)はペルーがどこにあるかも知らず、4年契約の出稼ぎのつもりでやって来たという。

彼らはペルー到着後大農園に配属され、仕事をはじめた。最も悲惨な運命を辿ったといわれるカニエテ耕地で、あてがわれたのはサトウキビの葉に泥をこねて作られた粗末な住居だった。泥水を漉した水と粗末な食事のため、栄養失調者が続出したという。領主は時にはムチを用いて苛酷な労働を強いたが、賃金がまともに支払われることはほとんどなかったという。そのため脱耕者が続出、さらにマラリアが蔓延し移民たちを容赦なく襲った。

その結果死者が続出したため棺桶が間に合わなくなり、次の犠牲者を待ってから共に埋葬するほどであった。約半数の143人が、入植後一年を待たずに亡くなったのである。まさに地獄絵図を見るがごときだったろう


移民船。

ペルーの農業に適応できない移住者たちは、リマ、カヤオなどのの都会に移動し、商業やサービス業などの職業に就いて生活しはじめた。都会集中の傾向は年々進み、在留邦人の8割以上が都会在住者となるに至る。それに伴い移住者の各方面における活動がさかんになった。

日本が軍国化した結果、第二次世界戦争に突入しペルーの敵国となると、在留邦人は敵国民とされ再び苦しむことになった。財産を没収されたり、米国の収容所に送られた者もあったという。

このように辛酸をなめてきた日系人だが、現在はペルー政財界に多くの人材を輩出し、その地位はゆるぎがたいものとなっている。1999年には移住100周年を記念して、リマを中心にさまざまなイベントが行なわれ祝賀ムードに包まれたそうだ。


南米に来ていなかったら

ここまでペルー移民の事は考えられなかったのでは・・・

100年以上前日本の反対側

南米にこれほどの日本人が新天地を夢見て

海を渡っていたとは・・・

この石碑の言葉も

色々な重みが感じられる。

それでも日本人移民は

フジモリ大統領を出すほどの

権力をつける。

今日はたまたま市が立っていた

おばちゃん達は日系人

僕らには日本語で話してくれるけど

おばちゃん同士はスペイン語だった。。。

アンパンを買った

少しあんがパサパサしてたけど、ウマイ!。


彼女達は日本から来た僕ら旅人を

どういう目で見ているのだろう・・・

これから南米を旅するにあたって

日系人居住区などにも寄ってみようと思っています。

移民船笠度丸。
スポンサーサイト

コメント

知らなかった・・・
世界を旅して たくさん考える時間があって

いっぱい吸収してきてね~★

ども!

リマではお世話になりました。
ブラウニーさんってなに者?

日本に居ると気づかない事っていっぱい有るよね・・・色々面白い・・うん。
あきさんこんにちは、、
イースター島無事着きましたか?
いいですね~、僕も楽しみです。。

ブラウニーさんいいですね~

リマでお世話になってま~す。明日は何処行きましょうかね??

移民の歴史

教科書には出ていても実感が伴わなかったと思います。

ロスアンジェルスにも日本人移民は沢山みえて、その歴史も大変なものだったようです。やっと日本人移民の地位を確立した人々の孫さんたちにピアノを教えていました。

子供達は英語しか分かりませんでした。ピアノしか教えられなかったのが、残念です。もっと日本の事も知らせたかったです。

yomeさん・・・だんなさん・・かわいそう・・・一人日本ですか・・・
でもまあ今日は中華街でも行きますか!
まさひこ元気?
やっぱロスにも移民がいたのか、、世界各国に移民があったんだな~

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://colormacaron.blog115.fc2.com/tb.php/147-ce127d77
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。