重さんとブラウニーさんの世界旅。。。

重いブラウニーさん4人連れ、旅してます。。。
2017/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューバはサンタクララはゲバラさん。

ニューヨークは色んな意味でデカイ。

そして歩く。

バスが良く分からん。

地下鉄はらくちん。

日本食イッパイ。

↑昨日食べたうどん!!

マジでウマカッタ!!

何ヶ月ぶりに食べたのか!あの本格的なうどん!
(多分9ヶ月前のロンドンで自炊したうどんが最後・・・)

自分がうどん好きなのを忘れかけていた・・・。

あのカツオダシ・・・・今思い出してもヨダレガ出る・・・。

白くモチモチつるつるの麺がダシを絡めて・・・うぅ・・・。

今日も食おうかな。。。



俺はうどん好きだ・・・。間違いない。

日本に帰ったら死ぬほど食おう。

え~そんな事ついつい書いてますが

キューバですね。


食つながりで、食を書こうか。
kyuubaa 056

地元民はこんなパスタを良く食べるみたい
kyuubaa 055

↑こんな感じで窓口から注文する

値段は20ペソ100円以下ですね。

・・・そう言えば

キューバには2種類のお金が有ります
kyuubaa 201

↑観光客が使うクック(1クックが100円ぐらい)

あと地元民が使う人民ペソ(1クックが25人民ペソ)

人民ペソ・・・写真またアップします、多分。

人民ペソにはゲバラさんがドーンっと載ってます。
kyuubaa 101

僕らが食事を頼むと↑みたいな感じ

海老とパイナップルの炒め物みたいなやつ

5クック。

みんな結構「キューバ飯好きだ!」

って言う人多いけど・・・僕は・・・少し微妙だった。

不味くは無いんだけどね。まあまあ。


さてさて。

トリニダーの次に向かった町は

サンタクララっと言う町へ

サンタクララ・・・ついにキマシタ・・・。

サンタクララには、あのチェ・ゲバラがネムッテイルんです。

革命戦士と共に。


ボリビア、イゲラ村から始まり(最期の地)

アルゼンチン、コルドバ。(幼少期の家)

アルゼンチン、ロサリオ。(出生の地)

そしてキューバはサンタクララ(霊碑)


もうメッキリファンです。認めます。
kyuubaa 110

バスのチケット売り場、カストロさん、だいぶ歳ですね。

カストロさんも話を聞いてると、かなり男!です。

カッコいい。最初の革命活動の時、政府軍に捕まり

言った言葉が・・・

「歴史は私を許すだろう!」・・・だったかな・・・。


とにかくカッコいい人です。
kyuubaa 109

待合室にはシッカリ、チェ・ゲバラが。

バスはこんな感じ。
kyuubaa 111

サンタクララまで8クック。

地元民はほとんど乗らない為、空いてる。

そして無事サンタクララへ
kyuubaa 129

三輪自転車タクシー
kyuubaa 165

乗り合い馬車も。

馬車・・・現役です。

そういえば山羊車も・・・↓
kyuubaa 193

トリニダーより少し都会。
kyuubaa 141

↑こういう店はだいたい人民ペソでメチャ安い。
kyuubaa 140

射的。
kyuubaa 144

ここもいい感じのノンビリ町。

まず向かったのは
kyuubaa 160

ゲバラが政府軍の列車を襲った時の列車がそのまま記念碑に

列車には武器が満載だった。
kyuubaa 153

kyuubaa 157

そこから数分歩くと・・・
kyuubaa 172

ゲバラ像、カッコイイです。
kyuubaa 171

結構、凝っている作品で
kyuubaa 174

所々に人々がくつろいでる。

彼(革命戦士達)のおかげで、平穏な生活が取り戻されたんですね。

良い作品です。。。
kyuubaa 182

↑近くに、こんなのも居る。

そして町の反対側へ移動

サンタクララメインへ・・・
kyuubaa 158

kyuubaa 187

ココにチェ・ゲバラが眠っている

革命戦士と共に

写真はダメ。

まずは博物館へ

ここの展示は凄かった

チェが使っていた医療器具(チェは医者だった)

チェが使っていた吸引機(ぜんそく持ちだったんですね)

チェが使っていたマテ茶用のコップ(アルゼンチン人らしい・・・)

身近な物が沢山展示してあった。

博物館隣には・・・念願の霊碑が。

暗い部屋に入ると

革命戦士達の顔が・・・

レンガ調の壁に戦士達の顔を模ったブロンズが並ぶ

その中央にはチェ・ゲバラの顔が



ここに眠っているのか・・・


手を合わせてきました。

彼らの活動のおかげで現在のキューバが有るんですね


世界の英雄。

ホント英雄伝説みたいな話だ・・・

特にチェ・ゲバラは

外国人で有りながら

裕福な生活を捨てて(家は裕福だった)

そして医者という地位も捨て

ぜんそくを持ちながら、厳しいゲリラ活動に参加

アメリカという大国からキューバ開放へ全力をかけた。


そしてなんと革命が成功へ・・・スゴイナ・・・。

カストロと共にキューバを再構築していく

そしてキューバが落ち着き始めた時

チェ・ゲバラは、最高の権力を捨てて


強い権威から開放するべき国の為にキューバを去る

そこはボリビア。


結局ボリビアで捕まり処刑されてしまうが

チェ・ゲバラは最後まで人の為に一生を懸けた。


・・・・改めて考えても凄くないですか。。。

物語みたいです。

そんな人物のお墓に行って来ました。サンタクララです。



サンタクララからハバナへは列車で帰った
kyuubaa 203

↑駅。

バスの方が早くて正確なんですが・・・

列車の方が旅っぽいでしょ・・・。旅っぽいんです。
kyuubaa 206

kyuubaa 208

発車間近になるとホームは大混雑・・・おぉ~いいね~。
kyuubaa 209

kyuubaa 213

ガタゴト、ガタゴトハバナへ帰りました。

そんな事です。
kyuubaa 183




っと忘れるとこだった!

買いましたよゲバラT!
kyuubaa 257

とうとうコンプリート!

左からアルゼンチンはコルドバ、幼少期に育った家

ゲバラミュージアムにて。

中央、ボリビアはイゲラ村、ゲバラ最後の地にて。

右、今回のキューバはサンタクララ、ゲバラが眠る町にて。


・・・そして満足。
スポンサーサイト

コメント

あらららら!
あらららら!
あらららららら!!

かぴぱらさん、カピロの丘には行ってないんですか!!?
かなり良い場所でしたよ!!残念!!

おいっす。旅亀~
カピロの丘か~行こうと思ってたんだけど、暑くて暑くて・・・
でもあそこ夜行ってもいいらしいね、また次回にします・・・行く機会がまたくればね。。。

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://colormacaron.blog115.fc2.com/tb.php/213-1c95f2a7
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。