重さんとブラウニーさんの世界旅。。。

重いブラウニーさん4人連れ、旅してます。。。
2017/05≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマゾンツアーどうするか。

resize0246.jpg
エンジェルホール起点の町「カナイマ」




カナイマの町、のんびりした風土にダイナミックな滝



・・・すばらしいです。
resize0250.jpg

朝、ハンモックからのっそり起き



食堂のポットからコーヒーを汲む・・・



小屋からトボトボ歩き湖へ・・・
resize0243.jpg
朝日がユックリ上がっていくのを



コーヒーとタバコで迎えるんですね



こういう時、旅の幸せをかんじます。
resize0249.jpg
resize0240.jpg
ここらの水は琥珀色している、綺麗です。
resize0251.jpg
僕がタバコを吸い始めたとたん



日本は禁煙ブーム・・・・知ったことか・・・。



ベネのタバコ200円。



ブラジルで買ったハワイマナウスサンダル約1000円。
resize0241.jpg
2日目はこのカナイマの滝を見に行く



例の舟に乗り、ユッタリ向かう
resize0247.jpg
やはり近くに来ると凄い・・・



水量がただ事ではない



そしてこの滝の裏側に行けるという
resize0242.jpg
滝を潜り、またびしょ濡れになりながら裏に向かう



寒くてどうしようもなかったが、貴重な体験・・・
resize0248.jpg
この後はビーチを散策したり



・・・・ビーチサンダルでトレッキングさせられた・・・。



最初にダイナミックな滝見たんで・・・正直イマイチだったな



順番間違えてない?って感じですね・・・最後に小さな滝潜らされたし



僕ら欧米人じゃないんで・・・寒いんですけど。。。






そんなセスナでしか行けない秘境カナイマでした。



大満足間違いないですね。



ベネゼエラ・・・・ホント来れて良かった。。。





さあ、南米の旅も後1週間になった。



最後を飾るのは、アマゾンですね。



そのためにブラジルに来た。



しかし・・・迷っている・・・



アマゾンに来た理由は・・・ピラニアさんの為です。



2年前に行ったボリビアの似非ジャングルツアー・・・



期待したピラニアはマッタク釣れず、小さい小魚が3匹釣れた程度だった・・・



とりあえずピラニアを釣りたいんです!






そんでベネからマナウスに戻り早速ツアーオフィスに話を聞きに行った



通常のアマゾンツアーは2泊3日で480レアルまあ2万円ぐらい



しかし内容を聞くと。ピラニア釣りは3日中1トライしかも1時間だけらしい・・・



後はトレッキングやら天然ゴムの採取やらなんやら・・・興味なし。



どうせ何処でも泳ぐ欧米人を見ているのが大半だろう。




どうしようとなやんで町を歩いていると



ドデカイ、ピラルクを抱え(抱え切れてない)ニンマリ笑う白人



のポスターが・・・
(ピラルクとはアマゾンに生息する世界最大の淡水魚)



見とれていると、中から白髪のおじいちゃんが



「ヘイ!カモン!ボーイ!」みたいな事を言っている



話を聞くとフィッシングツアーのおっちゃんだった



コレはいいと聞いていると、ピラルクを釣るのは難しいが



ピラニア程度なら5分で10匹は釣れるゼ!・・っといきがっている。。。



まあホントかウソか知らんが、欧米人の泳いでいる姿を見ているよりかは



アマゾンで1日中釣り糸を垂らしている方が、性に合う。



他にもトゥクナレと言うデカイ魚も釣れるらしい。



しかし値段を聞いてビックリした・・・900レアル!38000円近くする



え~!!っとおじさんの前でビックリし、しかし悩んでいると



なら850レアルだ!っと言っている・・・しかし高い・・・




ウ~ン・・・マジで悩む・・・38000円と言うと



インドで1ヶ月は余裕で滞在出来る・・・



ホントどうしよう。。。。
resize0245.jpg
↑カナイマへ飛ぶ空港が有る町シウタール・デ・ボリーバル



夜6時には人が全く居なくなる、チョット危険な町。



夜飯はツアー会社のおっちゃんがレストランまで付いて来てくれる。


エンジェル・ホール

resize0244.jpg
現在、ベネズエラとブラジルの国境を越え



ブラジル・マナウスに戻って着ました



ホントに1ヶ月滞在したな・・・



今回の旅でベネズエラがこんなに主要国になるとわね・・・



そしてエンジェルツアー・・・メチャクチャ良かった!



今までさまざまな大自然を見てきたが



これほど神秘的でダイナミックな大自然は無かったと思える



それほど大満足だった。。。
resize0229.jpg
ツアー料金は2150ボリーバル約2万1500円ぐらい(闇レートで)



セスナ往復+2泊3日のツアーですね。。。



ペルーのナスカ以来のセスナ、ちょっと興奮しましたね



隣の人の声も届かないほどのエンジンの爆音でフワッと



頼りない車体が浮かび上がる・・・



1時間のフライト、町並の風景からだんだんジャングル風景に変わっていく
resize0230.jpg
ベネズエラ独特のテーブルマウンテンの間をフライトしていく



期待が高まっていく。。。そんな感じ。
resize0235.jpg
着いて早々ツアーが始まった


この小さな舟で4時間、川をさかのぼって行くらしい



これが凄かった。。水量は大変多く流れもカナリ速い



舟は揺れるし岩に当たるし、大丈夫かと思うぐらい舟底をこする・・・



おかげで僕らはバケツをひっくり返したぐらいビショ濡れ



その上、川の水はメチャクチャ冷たい。



しかし上流に行くにつれ舟上の風景は絶景になっていく・・・
resize0239.jpg
曲がりくねる川の頭上には壁の様にそびえるテーブルマウンテン



壁の隙間には幾つもの滝が流れている



マジで声が出ないほどの絶景
resize0236.jpg
霧が山頂を包んでいるので、より神秘性を演出してくれる



川はどんどんゴツゴツした岩が多くなり始めた



ころ・・・
resize0238.jpg
出た・・エンジェル・ホール・・・



何も言われなくても、巨大な岩壁から大量の水が音も無く流れる



ソレはエンジェルホールに間違いなかった。



写真でも見たことの有る、独特のオレンジ色をした岩壁



水量は多いが地表に着くころには風に舞い上げられ霧状になってしまう。



まさに世界一標高差が有る滝ですね。



4時間かけキャンプ地に着いたメンバーはすぐエンジェルホールに向かった



40分ほどジャングルを歩く。



そして・・・
resize0231.jpg
滝の轟音の音と共に姿を現した




イヤ~・・・来ましたよ



世界一です。
resize0232.jpg
凄いです。。。
resize0233.jpg
ブラウニーさんも久々に登場。。。



風に舞い上がる滝の水が、何とも生きているかの様に



ユッタリ地表の上でウゴメイテイル・・・



巨大ですね・・・。ホント。。。。



ベネズエラです。
[広告] VPS

滝を満喫していると



日がどんどん暮れはじめる



真っ暗の中ペンライト一つでキャンプ地に戻った・・・



キャンプはテントでは無くハンモックスタイル
resize0234.jpg
真ん中で変なポーズしてるのは



マナウスからお世話になっている自称「ハマショウ」さん



スペイン語もペラペラで大変お世話になった。アリガトウゴザイマシタ。



また三重で。。モノポリー・・・






夕食はチキンの丸焼き・・・美味しかった。。。



ベネズエラの食事で外れたことは無かったな・・・



次の日の朝も滝を見に行こうかと思ったが、雨が降っていたので断念



帰りも川下りしながらエンジェルに別れを。。。
resize0237.jpg

誕生日ですか~

イヤ~・・・



マジで誕生日忘れてましたよ・・・



今日サンタエレナからボリーバルに夜行で来ました



宿に着き、今後の予定を決めてる時



31歳になったと気ずきましたね



誕生日ってホント忘れるもんなんですね・・・



2年前のボリビアのジャングルで29歳をを迎えた時



忘れてましたね・・・



旅に出ると忘れがちになるようです。




そんな事で現在日本人5人でスペイン版「モノポリー」ではしゃいでました




モノポリー面白いですわ





もう、皆さんすっかり僕の誕生日忘れてますね



そんなもんですよ、31歳だしね。




明日から世界最大の高さをもつ「エンジェル・ホール」ツアー



行って来ます。






セスナに乗るの楽しみだな・・・

しかし、アレやね。。。

え~~・・・。



まだ、サンタ・エレナに居ますね。。。




いい加減出ろよ、って感じですがね



あ~・・・ハッキリ言ってダラケとるな・・・




最近は町も隅々まで行っているので




ちょくちょく発見が有る、




驚くほど小さな事ですがね。




一つはポテトチップスの「プリングルス」が安いマーケットが有る事。




クリスマス使用30%増量タイプが200円程度で買える。




次に葉巻の「コヒーバ」(葉巻では一流品)ロングが400円で買える酒屋が有る。




最後は美味しいコーヒーが飲めるカフェを見つけた。






・・・・後は毎日同じ食堂に行き「ポジョ・デ・フリート、コン・スパゲティー」を食べる。




そんな毎日。







長いこと居ると、細かい風景にも目が留まりますね





昨日は月が大きく、金色に輝いていた




蛍もチラホラ




こんなに長居している一番の理由は、気候。




何とも過しやすい、日差しは強いが日陰に行くと涼しく




夜は寒いぐらい。でも1日中半そで半ズボンでいける。






あ~まじで、のんびりです・・・




明日は必ず移動します。

ロライマ山と年越し。2012。

resize0216.jpg
resize0217.jpg
ロライマ山の山頂は不思議な地形が広がっている



岩は黒々していて、ミルフィユみたいに薄い岩が重なっている様。



常に霧が漂い、さらに異世界を感じさせる



残念ながら、初日の出は霧に包まれ拝めなかった・・・
resize0215.jpg
テーブルマウンテンの頂上は広く端から端まで歩くのは1日仕事




見所は沢山有る、3国が接する国境石碑やクリスタルリバー・・・




その中で僕はクリスタルリバーを見に行った




上の写真がそうなんだが、丸く陥没した穴にクリスタルが無造作にちらばっている
resize0225.jpg
透明感の有るクリスタルがそこら中に・・・



てっきり岩から突き出ているモノと思っていたが



砂利の様にクリスタルが転がっている
resize0226.jpg
何とも不思議な感じ・・・



ちなみにクリスタル持ち帰りは禁止



もし見つかったら全体責任でツアーメンバー全員が罰金になる
(帰りにバックパックチェックが有ります)




しかしこんなに沢山散らばっていると・・・しかも無造作に・・・



一個ぐらい・・・っと思ってしまう。でもダメです。
resize0224.jpg
・・・・っと言うか



今ブログ書いてると、現地の子供がチョッカイ出してくる



女の子2人、メチャカワイイ、シャボン玉してる



スペイン語で何か言ってるけどサッパリ・・・



ホントどの国行っても、子供は無邪気でカワイイわ。。。



何か言ってる・・・何だろ・・・



シャボン液が無くなったぽいナ・・・


今・・・


ちょっと水入れてやった、またシャボンが始まったナ・・・





え~・・・そんなベネズエラ、気に入ってますが・・・
resize0228.jpg
ロライマには変わった植物も沢山



何か、虫を捕食する植物も沢山居る



↑は良く本とかでも見たこと有る捕食植物だが
resize0227.jpg
こんな普通の花に見えるヤツも捕食する



花びらに虫が来ると、ユックリ茎を動かし



中にある袋に虫を誘導するらしい・・・



他にも捕食植物有ったんだけど、写真撮るの忘れてた。。。



そんなロライマ山頂。



不思議な山だったな・・・大げさじゃなく、違う星に来たみたいだった・・・



そんで、下山なんだけど・・・これがキツカッタ・・・



2日目、3日目に歩いたコースを1日で歩くと言うものだった



下りは膝にくるし、しかも結構雨が降っていた・・・



サン・ルイスに戻った頃には、酷い筋肉痛と靴擦れ・・・



そんな体を癒すため、現在戻ってきて・・・え~何日目だ?



もう分からん・・・



なんか知らんが、このままだとベネズエラに1ヶ月ぐらい



滞在することになりそうだ。。。エンジェル・ホールも行かなあかんし・・・





・・・また、シャボン娘が来たぞ・・・



何かデッカイ、シャボンが出来て嬉しいらしい



何か言ってるけど、セニョールしか聞き取れん・・・



俺の日焼けを気にしてるらしい・・・ホントカワイイな




何か、サン・ルイス・・・居心地いいわ。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。